晴空便り

エッセイスト・生け花アーティスト・末富晶の晴れた空へつながるブログ

ただ共鳴するためだけに~優しい社会に必要なものとは~

 

f:id:seikuudayori:20180531104158j:plain

 

 

明後日、ありがたいことにまた、不登校時代のお話をさせてもらうことになっています。

 

その資料作りをしていて、ふと思い出した二十歳くらいの時のこと。

 

東京の真ん中で、仲間とともに、グループをつくって

その時の自分たちなりに、小さくとも、社会を少しずつよくしていきたいと考えていた頃があった。

 

押入れを探っていたら、もう十年以上も前のその頃にそのグループづくりのために書いた文章が出てきて。

 

書いているテーマが今読んでも的外れにも幼くも感じないことに、驚くような納得もするような、不思議な気持ちになりました。

 

そのグループの名前はECHO(エコー)といって、

文章は「共鳴」の重要性について書いてある。

私たちの社会はいま、なんだか優しくなくて、自分たちは優しい社会を目指していて、それに最も必要なのは、きっとこの共鳴、互いに響き合うことなのだと。

 

人は、ひとりではもちろん、共鳴することはできない。

 

まっくらな何もない空間の中では、自分の発した言葉も聞くことができないし、

「自分」という存在について掴むことさえ難しい。

 

自分を知るためには、必ず自分以外の存在が必要で、

私たちは反響しあってこそ、ここにいることができる。

 

優しい社会とはたぶん、そのことを知っている社会だと。

 

 

その頃仲間内で、

難しい家庭環境にいる子の今後の生活についてとか

不登校としてそもそも人生序盤から何らかのドロップアウトをしている自分たちの生き方についてとか、

考えることはたくさんあって。

 

みんなで夜ごと集って

こういうことを考えてきたということが

今、確実に私の糧になっているし、

これからしていくことの核であるとも思えて。

 

私の人生、色んなことをしているようで

なかなかに一本筋が通っているのかもしれないな、と思えたのです。

 

 

「共鳴」と「共感」は、似ているようでその実中身は異なるもので。

 

共鳴はただ響くだけだけれど、

 

共感には判断が入るから。

 

共感するためには、「良い」や「悪い」、「好き」や「嫌い」のジャッジが必要で。自分のそれと、相手のそれが同じでなければならなくて。

それはもしかすると、意外なことに優しい社会からは少しズレることなのかもしれない。

 

共鳴の、物事の良し悪しを越えた場所で

 

「あなたはそうなのですね」

 

と、ただ響くスタイルで。

 

 

お互いに存在することを、祝福し合えたら。

 

あるいは優しい社会に至る日も、そう遠くはないのではないか。

 

 

あの頃のことを思い出しながら、そんなことを考えつつ。

さて今日と明日でもう少し、準備を進めてまいりましょう。

 

 

みなさまもどうぞ、すてきな一日をお過ごしください。

 

 

    末富 晶

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com