晴空便り

エッセイスト・生け花アーティスト・末富晶の晴れた空へつながるブログ

てのひらからこぼれ落ちる日々に

f:id:seikuudayori:20180124103748j:plain

 

 

虹色のストーブが届きました。

 

 

丸いフォルムの…正式には何というのでしょう、

コンセントはなく、マッチでも火がつけられる、

上にやかんを置いてお湯が沸かせるタイプの灯油ストーブです。

 

虹色の炎になるストーブが欲しい、

と思ったことは未だかつてなかったのですが。

 

私は自分の部屋に普段からあまりいないこともあり、

冬はいつも家の中であまっているストーブを使わせてもらっており、

結果的に古いものとなって

今年の冬は巡り巡ってやってきた年代物のこれと同じ形の黒いストーブ、炎はもちろん普通の暖かなオレンジ色に見えるものを使わせてもらっていました。

 

ところがこれが古いために煤が多く出て。

 

ある日、朝起きた時に鼻の穴の中が黒くなっているのに気づいてびっくりし、

これは健康に悪いだろうと、急遽別のストーブを探すこととなったのです。

 

芯を代えればいいのではと思ったのだけど、

なんだかこのストーブにいたってはそれも不可能とのこと。

一番使わない部屋に引退してもらうこととして、

いつも通り動きの遅い私に代わって家族が見つけてきてくれたのがこの虹色の炎のストーブでした。

 

前と同じ、普通の灯油ストーブを買いに行ってくれたのだけど

ファンヒーターではない、この丸いタイプで同じものはもうなく、

あるのは虹色タイプだけです、と言われたのだとか。

 

「虹色のでもいい?」

 

と聞かれた時にはそれがどんな意味なのか想像するのが難しく、

ぎらぎらした電飾が光ったらどうしようと恐れもしたのですが

届いてみればなるほど、虹色の意味は外側の塗料のことでも施された電球でもなく、

中側のガラスの色によって、ストーブの炎がゆらゆらと虹の輪を作る、ということなのでした。

 

これが、夜に電気を消してこのストーブの灯りだけにしてみると

思いの外きれいで。

 

自分で選んだわけではないのに

ぴったりのものが来てくれたなと嬉しくなり、

この部屋に帰った時には

夜ごと好きな音楽と共にぼんやり炎を眺める至福の時を過ごしています。

 

 

自分がずっと欲しかったものが手に入る、

という瞬間ももちろん、嬉しいものだけど。

 

 

こんな風に、思いもしなかった素敵なものが届けられる瞬間の方が

私はより幸福を感じる体質のようです。

 

自分の想像の外側から来るものの方が、

自分の頭で選んだものよりも

なぜだかより自分にぴったりであった、ということは、よくあることで。

 

だから、気に入って買ったわけでも柄が好きで選んだわけでもない祖母や母の着物を引き継いでそのよいところを見つけていくことや、

誰かからもう着なくなった服をいただいてそれを着させてもらったりすることが、

私にとっては自分の枠外から来る大きな贈り物であり、

より好みな物との出会い方と言えるかもしれません。

 

 

 思えば人との出会いはいつも、もっと分かりやすく「考えの外」からやってきて。

 

今日、きっとこんな人と会おう。

 

と詳細に決めて、その通りにできる人などこの世におらず。

 

だからこそ、その意外性と突然のタイミングが人と人との間で重なった時、

何かしらの得難い瞬間が生まれるのかもしれない。

 

生きていて、出会うこと。

 

それはもうそれだけで、どれだけ大きな奇跡なのだ、と思う日々。

 

あつめてもあつめても、

てのひらからポロポロとこぼれてしまう、

とても拾いきれない瞬間を、

 

それでも愛しく、記憶していこうと思います。

 

 

 

寒い日が続いていますが、

みなさんどうぞ、お身体ご自愛ください。

 

 

 

    末富 晶

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com