晴空便り

エッセイスト・生け花アーティスト・末富晶の晴れた空へつながるブログ

トランスフォーメーション

f:id:seikuudayori:20171114084536j:plain

 <いけばな・ストレリチアフウセントウワタ・ポリシャス> 末富晶 11月

 

 

ストーブに火を入れて、暖かな部屋で文章が書ける幸せ。

 

だんだんと、冬が近づいてきました。

 

またまたお久しぶりの晴空便りですが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか。

 

 

大人になった時こんな風になってたらいいな、と私が小学生くらいの時にあこがれていたのは

「家にいて、犬を飼っていて、文章を書いて暮らしている」

という漠然としたイメージでした。

 

色々と予想外なことも多いけれど、

全体的に見ればなんとなくそのとおりになっている。

 

将来の夢は何か、という質問は一般的なものだけれど。

 

普通はそれには、なりたい職業などをこたえることになっていて。

 

世の中にどんな仕事があるのかさえまだよく知らないうちには、それにこたえるのが難しかったけれど。

 

たくさん外国を旅したい、という人もいれば。

私のように、家にいるのが好き、という人もいて。

 

そんなことなら多分、小さな頃から「好きなムード」は変わっていないのかな、とも思えます。

 

 

このところ、過去のことを思い出しながら文章を書くことが日常になっていて。

主に不登校児となった小学生頃から十代にかけての自分に寄り添う日々が続いています。

 

忘れていたこと、印象深くずっと記憶に残っていること、色々あるけれど。

 

注意深く探っていけばいくほど、昔からあるはずの「本来の私」の姿が、雲を掴むように見えなくなっていく。

 

一定して一人の個人であった…というのは、私の幻想なのかしら、と思えるほど一貫性があるようでないことに気づくのです。

 

今がこんな風だから、未来はきっとこうなるだろう、と予測するのと同じように。

今がこんな風だから、過去はきっとこうだっただろう、と少なからず今を基準に過去を考えている。

 

実際にはずっと同じ「私」というものなど存在せず、

あるのは変わり続けている一つの流れだけなのかもしれません。

 

 

昨日までずっと「そう」だったからといって、

今日も同じでなければならない…ということはない。

 

変容を繰り返し、今をよくしていくことが

きっと未来だけでなく、過去も素晴らしく変えていく。

 

未来と過去の、両方が

常に「今」によって書き換えられているのかな、と思えます。

 

 

なんだか雨の日に書くことが多い晴空便り。

 

今日もしとしと、雨音を聞きながら。

 

 

どうぞ素敵な紅葉の日々をお過ごしください。

 

 

   末富晶 

 

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com