晴空便り

エッセイスト・生け花アーティスト・末富晶の晴れた空へつながるブログ

からたちも秋はみのるよ

f:id:seikuudayori:20170928094616j:plain

 

 

現代文人生けの会場にさせていただいている蘆花浅水荘

 

 

お庭の奥に、大きなからたちの木があります。

 

これがあの童謡に歌われている「からたち」なのだと、

ここへ来て、はじめて知りました。

 

「まろいまろい実」は、思っていたよりも大きかったです。

 

それともこの木が長い年月を経て成長して、

それとともに、実も大きくなったのかな。

他のからたちを知らないので、比べようがありませんが…。

 

柑橘系のよい香りがして、いかにも食べられそうなのだけど

残念ながら、渋み苦みがきつくて食用には適さないのだとか。

 

< からたちも秋はみのるよ >

 

とのことで、中秋の名月の夜も過ぎ、もうすっかり秋なのです。

 

 

数日前、

ふいにメールがポーンと届いて、

その日に会っていたあの方かな、と思いながら何気なく開くなり

 

とびこんできた

 

「ひさしぶり」

 

の文字。

 

 

久しぶりも久しぶり、おそらく5年位ぶりのメールで

よく考えると最後に会ったのはもう7〜8年は前になるかな、

という昔の仲間の一人からでした。

 

ここを読んでいるかどうかは知らない(十中八九読んでいないと思う)けれど、

とってもいいタイミングで届きましたよ、ありがとう。

 

何の前ぶりもない、こういうふいの知らせが

ひょっとして送り先を間違えてやしないかしら、と思えるくらいの気楽さで

各地そこここに散らばって暮らすこうした仲間の誰かから

まるで昨日の話の続きのように送られてくることは

実は、私の人生の中ではたまに起こることで。

 

メールを開ける一瞬前には全く予測していなかったことが

パッと飛び込んでくる驚きと嬉しさは

何度味わっても良いものだなぁと思えます。

 

 

5年ぶりでも

10年ぶりでも

変わらず、「あの時」が続いて行く

 

頻繁に出会って実際に色んな行動を一緒にする人たちとは別に、

もう一つの流れを別々に歩いていて

それでも要所要所でこんな風にふと集まる関係もある。

 

会ってしまえばそれはいつでも「昨日の続き」なのです。

 

 

私たちの時間感覚は、

本当は人との関係の数だけ別々にあるものなのかもしれない。

 

 

その人としか持ち得ない時間

 

というのが、誰の間にでもあるのですね。

 

 

それは、

その人との間でしか呼び覚まされない自分、とも言えるのかもしれません。

 

 

 

夕方になって、また涼しい風がふいてきました。

 

今日は月は見えるのかな。

 

 

みなさんどうぞ各々に

よい秋の時間をお過ごしください。

 

 

 

   末富 晶

 

 

「からたちの花」

ひさしぶりにききました。

 

www.youtube.com

 

 

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com