晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

9月27日(水)” 現代文人生け ”を始めます

 

f:id:seikuudayori:20170806203849j:plain

 

あっという間にもう8月。

 

なんだかこういう書き出しをほぼ毎月くらいしている気がする…。

月日が飛ぶように過ぎている感覚は確かにあって、

でもよく考えたら今年になってから決まったこと、出会った人も驚くほどたくさんあって。

 

濃いような、早いような、時間の感覚があいかわらず不思議な感じです。

 

「現代文人生け」の会を、蘆花浅水荘にて9月27日(水)に開かせていただくことに決まりました。

 

重要文化財の素晴らしい建物の雰囲気に浸りながら、江戸時代から明治にかけて文化人に親しまれた型のない生け花「文人生け」を現代風に再現しよう、という試みの会です。

蘆花浅水荘についての過去記事はこちら ↓

 

” 着物の会 ” 蘆花浅水荘 - 晴空便り

 

持仏堂のお掃除~蘆花浅水荘~ - 晴空便り

 

 

型のない生け花。

 

というと、決まりはなく、自由に生けてよい、ということになりますが。

 

きっと何においても同じなのだと思いますが、

自由ということほど、難しいものも、他にない。

 

何度もここに書いているように、10才にして不登校児になり、

学校の外に出て毎日自由にやりたいことをして行きたい場所に行く生活をはじめた私ですが

その自由が自分にとって意義あるものとなるまでには多くの時と経験を必要としました。

 

自由であることはとても大切なことだけれど、

自由を扱いきれるまでの自分となるためにはそれなりの心構えがいるかもしれません。

 

私はその多くを、実は、きっと、お花から学びました。

 

自由に生けたお花が、ぐちゃぐちゃにならず、調和を生むためにどんなことが必要で、どんなことが不要なのか。

 

調和のとれたお花が、それ全体でどんなに、美しいものか。

 

「美しさ」が世界に与える決して無視できない大きな力を、今でもとても大切に感じているのです。

 

…日程をお知らせしようとしただけのつもりが、なぜだかここまで書いてしまいました。

ただ「楽しいので来てください」と言うにはちょっと本気すぎるのですが、本当の気持ちなので致し方ありません。

 

参加される方お一人お一人が、実際に自由に植物を生けながら、どんなことを感じてくださるか。

どんな集まりになっていくか。

今からとても楽しみです。

 

9月27日(水) 午後2時から

場所  記恩寺・蘆花浅水荘

    (蘆花浅水荘ホームページ)

参加費 3500円(蘆花浅水荘 拝観料金込み)

持ち物 花ばさみ・お好きな植物

 

 

縁ある人に、一人ずつ加わってもらいたい、という気持ちでいます。

 

行ってみたいなぁと思われた方は、どうぞホームページのメールフォームかフェイスブックのメッセージよりご連絡いただければ嬉しいです。

(晴空便りホームページ:メールフォーム)

 

 

 

毎日暑い日が続きますが、どうぞよい夏をお過ごしください。

 

 

   末富 晶

 

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com