晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

持仏堂のお掃除~蘆花浅水荘~

 

f:id:seikuudayori:20170705145537j:plain

 

昨日、台風後未だ雨やまぬ空もようの中、蘆花浅水荘~ろかせんすいそう~にてお庭の中に建つ持仏堂(記恩堂)のお掃除をさせていただきました。

 

蘆花浅水荘山元春挙画伯によって大正時代に建てられたお屋敷で、国の重要文化財に指定されている貴重な建物なのですが、前にも書かせていただいたとおり、ひょんなことからご縁がつながり現在関りを持たせていただいている場所です。

 

 

蘆花浅水荘について前回の記事はこちら>

seikuudayori.hatenablog.com

 

f:id:seikuudayori:20170705145621j:plain

 

蘆花浅水荘の広間からお庭を眺めた時、右手に見える藁ぶき屋根の建物が今回の主題である持仏堂。

 

春挙さんのご両親と、絵の師匠であった森寛斎氏が祭られているお堂です。

 

f:id:seikuudayori:20170705145334j:plain

 

お庭のまわりの回廊を通って、雨に濡れずに持仏堂まで行くことができます。

 

f:id:seikuudayori:20170705145235j:plain

 

扉の開けられた持仏堂。

 

管理されている現当主の山元さんのお話では、ここはずっと公開されておらず、お掃除するのももう何年ぶりか…とのことでした。

 

私も中の様子は気になりながらも、実際に扉を開けて入らせていただいたのは昨日がはじめて。

なるほど、ずっと使われていない様子の、

だけどもやはり、なんだかとっても魅力的な空間がそこにはありました。

 

 

着物の会の有志と一緒に、計6名での大掃除。 

 

 

f:id:seikuudayori:20170705145302j:plain

 

f:id:seikuudayori:20170705145319j:plain

 

 

入口のふすまに貼ってある紙を興味津々に見てみたり。

(なにやら昔の文章と絵だけれどどんなことが書いてあるんだろう…膳所、という文字が見えた気がするのでこの辺りの土地に関することでしょうか)

f:id:seikuudayori:20170705145354j:plain

 

 

さすがに春挙さんはお堂のふすまの取っ手を蓮の形にしてらっしゃったのか、と感心したり。

f:id:seikuudayori:20170705145421j:plain

 

そんなこんな面白く過ごしているうちに、少しずつ埃はぬぐわれ、汚れはとれ、

ぼーっと薄暗かった空間に光が差し、

眠っていたお堂がきらきらと輝いて眠りからさめるがごとく、美しくなりました。

 

f:id:seikuudayori:20170705145520j:plain

 

掃除をすることは、ただ単に汚れをとる、ということだけにとどまらず

生きている「気」を循環させる、、ということなのかな、と前々から思ってはおりましたが、昨日はそれを実感する一日となりました。

 

まだ一度だけの掃除なので完全にきれいになったとは言い難いのだけど、それでも誰の目にも触れていない時と、明らかに畳も、壁も、天井も、置かれた物の何もかも、様子が違います。

 

一本ずつしっかりと見て生けたお花が、やはりくっきりと輪郭を持ち輝くように。

 

意識を向けられた場所は、一つ一つ浮かび上がるようにはっきりと見えてくる。

 

 

私たちが来たことを、もしかしたら喜んでくれているのかもしれない。

 

そんな風に思えるのです。

 

f:id:seikuudayori:20170705145751j:plain

 

持仏堂から眺めるお庭の小道も、しとしと雨にあたり美しい…。

 

f:id:seikuudayori:20170705145458j:plain

 

 

ここは仏様のおられるお堂ですが、

中には炉が切られていて、

裏はお水屋になっており、

 なんとお茶会ができるように設計されています。

 

「実に春挙らしい」

 

と、お孫さんにあたる山元さんが顔を綻ばせておっしゃっていましたが、

こんな場所は本当に珍しいのだろうなと、詳しくない私にも想像できるような気がします。

 

春挙さんは昭和8年の7月12日にお亡くなりになっていて、

ご命日に持仏堂を開けることができればいいなという思いからの今回の掃除でしたが

なんとか間に合うことができたでしょうか。

 

f:id:seikuudayori:20170706094834j:plain

 

蘆花浅水荘での私たちの活動は、まだまだはじまったばかり。

これからみなさんと一緒に、色んな素敵なことをここでしていけたらいいなぁと思っています。

 

またこのブログでも、過程をその都度お知らせしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

それでは今日も、どうぞよい一日をお過ごしください。

 

 

    末富 晶

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com