晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

傷つきやすさ

f:id:seikuudayori:20170615103233j:plain

 

みんながどんなことを感じながら日々を過ごしているのかなんて、本当には分からないものなのだから。

 

人よりも傷つきやすいかどうか、判断する基準はないのだろうけど。

 

それでも私はやっぱり、元来ちょっとのことで、すぐに心が傷つく傾向にあるなぁと思う。

 

 

幼い頃ほどそれが顕著で、

あまりの傷つきやすさから自分の身を守るために、不登校児となったと言っても過言ではないかもしれない。

 

 

心を死なせないために、

安全な場所に避難することは

 

たとえ誰かがそれを「逃げ」だと言ったとしても

当時、私が自分にしてあげられる最良の選択だった。

 

 

大人になってからも、心が強くなる気配は一向にないけれど

 

その心の主である「私」という存在は、様々な経験を経て、案外図太くもなってきている。

 

 

人は成長すると

 

傷つかないようになるのではなくて、

 

傷つくこともいとわなくなるのか、と思う。

 

 

 

傷つきやすさについて、嘆く必要はなかったのだなぁ。

 

 

 

どんな感情も、経験も、

近い境遇にある人の助けに、いつかきっとなるもので。

 

180度違う世界に住む人にとっては、

行ったことのない国の話を聞くような、未知のギフトにもなり得る。

 

 

ただただ、その時ごとに味わって、

 

消化して、浄化して。

 

光に返して、いけるといい。

 

 

 

そんなふうに、思います。

 

 

 

   末富 晶

 

 

<晴空便りホームページ>

 

seikuudayori.wixsite.com