晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

100年の足音

f:id:seikuudayori:20170425190013j:plain

<生け花(ウリバカエデ・カンパニュラ)末富晶 2017年4月>

 

 

5月になりました。

 

暖かくなりましたね…を通り過ぎ、すっかり汗ばむような陽気。

 

昨日は早くも夏を感じさせる日差しの中で、子ども御輿がわっしょい行くのに出くわしたり、川辺でお昼をいただいたりと、5月らしい一日を過ごさせていただきました。

 

 

最近、様々なことをきっかけに100年くらい前の人々や文化について考える機会が多くなっています。

 

長い人類の歴史の中で100年はきっととても短く、そこだけに思いを馳せるのは不完全だし中途半端なのかもしれませんが。

 

100年前というと、私の曾祖父たちが過ごした時代ということもあり、「自分が直接その時を生きた人からの話を聞いたことがない時代」として、一番近いところにある気がしてなんだか不思議な距離感の親しみを感じるのです。

 

よく聞く、「昔は良かった」の言葉をただ単純に使うのは私も好きではないし、

 

「昔」ではなく「今」や「未来」を見た方がいい

 

という言葉も、そうだなぁとも思うのですが。

 

それでもやはり、少しずつその時代の人についての文章を読むにつれ、写真を見るにつれ、つくったものたちに出会うにつれ、知るにつれ。

 

どうしてもどうしても、何か得体の知れない魅力を感じてしまうのも本当で。

 

それが何なんだろうということを、このところずっと考えていました。

 

 

 

 

思うに私はきっと、「昔」が好きなわけではなくて。

 

ただ、いつの世も等しく存在する「不変のもの」をそこに見つけたと感じるときに、魂の震える感覚がするのです。

 

 

人の世のルールは刻一刻と変わるけれど。

 

「本当に大事なこと」は、きっとそう大きく変わらない。

 

 

この100年で急速にたくさんの変化があり、今はもう失ってしまったと思えるものたちも多いのだけど。

 

自分の中にまだ、その感覚に触れて涙する心があるのだということは、一つの希望のように思えるのかもしれません。

 

 

美しさ、とは、そこに繋がるための一つの鍵なのではないか、という気がします。

 

お金の単位の「円」ではなくて、

長さの単位の「センチ」ではなくて、

もちろん重さの「グラム」でもなくて。

 

道具ではかることができない、数値化できないもの。

 

尺度を持たない「美しさ」に、きっと秘密が隠されている。

 

 

そんなことを思いながら。

 

空間の美を良しとする数々の芸術に、改めて敬意を抱くのです。

 

 

この地のそこここに残されているその「美」の扉に、できるだけ多く触れて、できれば自分でもつくって開いて。

 

 

そんなふうに、生きていければ、きっといい。

 

 

 

この晴空便りでの色々な事柄が、そこにつながるものでありますように。

 

 

 

 新緑の5月。

 

すてきな日々をお過ごしください。

 

 

 

 

 

  末富晶

 

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com