読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

凪いだ海に、櫂を持って

f:id:seikuudayori:20170408110428j:plain

 

不登校児時代、おそらくほとんどの方々が見れば驚くほどに真っ白なスケジュールの日々を過ごしていました。

(不登校体験記はこちらからお読みいただけます)

 

 

朝起きて、その日何をするのかという予定が全く決まっていない。

 

そんな日がほとんどで、

朝日が窓から差し込み、ふとんからむくりと起き上がって、

さて、そんな状態でどんな風に、何年間もの繰り返される毎日を過ごしていたのか…。

 

羨ましいと思われるかもしれませんが、

意外なことに何にも縛られない環境は常に快適というわけでもなく。

 

本来やるべきことを、やらずにいるのではないか。

 

といった不安はいつも小さな身体の奥の方でくすぶっていたように思います。

 

 

忙しいとは、心を亡くす、ということなのだと

 

最近、よく聞くようになりました。

 

そして大抵の場合、それは良い意味では言われず、

心を亡くすのは悪い事だ、という前提がその言葉の前には共有されているようです。

 

 

全然忙しくない日々をかなりたっぷりと過ごしていた私が

偉そうなことは何も言えないことを承知で書くのですが、

 

忙しい、にはたぶん二種類くらい種類があって

 

どちらも心を亡くしているのだけれど

 

「目の前のことに集中して心を亡くしている状態」の忙しさであった場合

それは案外いいことなのではないか、と思ったりもするのです。

 

一つの作業にかかりっきりになり、はっと気づいたら思いがけず時間がものすごく経っていた、とか。

 

今日一日思いっきり動いて身体は疲れたけど、気持ちはなんだか壮快、とか。

 

忙しいけど、元気だわ、という状態。

 

 

全然忙しくない不登校児初期の頃、私にはありあまる時間があったけど、

その中でどんな風に振る舞えばよいか分からず、

泳ぎを知らぬまま大海に放り出されたような状態で、

 

「力をぬき、のんびりプカプカ浮かんで波の行くに任せればいいんだよ」

 

と言われても信じきれず、手や足をでたらめにバタつかせては溺れかかっているに近かったかもしれません。

 

それに比べて、

 

忙しいけど、元気だわ

 

の状態は、自らの意思で船を漕ぎ、波の間を渡っていっているのだと思うのです。

 

 

それを無意識に感じていたのかどうかは分かりませんが、子どもの頃はよく人が小舟に乗って大海に浮かぶ絵を描いていました。

 

空に光るただ一つの星をたよりに、櫂をもって進んでいく。

 

そんなイメージに、憧れに近いものを抱いていたのかもしれません。

 

 

落ち葉のように、浮かんで流れる人生も

きっと奥深く素敵なのだと思いますが。

 

櫂を持つこと、すなわち行きたい方向を明確にする意思を持ち、進んで行くことは

人間だからこそ、できることなのかなと思えます。

 

 

おかげさまで現在は、なにかと忙しい毎日です。

 

忙しいけど、元気だわ、の季節を過ごし

願わくば明るい意思を持って、進んでいけますように。

 

 

    末富 晶

 

 

 

4月30日(日)

京都パレスサイドホテルにて開催の「こ・こ・か・ら」さんに出展させていただきます。

心のままに花を生ける、晴空便りの生け花を体験していただけます。

私はほとんど会場にいると思いますので、よろしければふらりとお出でください。

詳しくはこちらへ↓

晴空便り「生け花の時間」

 

 

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com