読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

春うらら

 

f:id:seikuudayori:20170323104750j:plain

 

 

外を歩けばウグイスの鳴き声が聞こえ、

日差しは明るく、

町のいたる所に花粉症らしきマスク姿の方々も増えて、

ああ、すっかり春なのだと思える今日この頃です。

 

冬眠していたわけでもないのに

「さて、そろそろ動き出そうか」

と、わけもなく、あくびと共に伸びをしたい気分になります。

 

 

年明けからこの春に向けて、自分が意図していたものもそうでないものも色々と始まっています。

はじまりはじまり…と、幕を開けたそれぞれの物語がどんな風に展開していくのか。

演者と観客と監督と、できれば三人くらいの「私」を置いて、それぞれの立場から楽しんでみたいものです。

 

 

この間、地元の情報誌に年齢についての記事が載っていたのですが。

それによると、30代くらい以上の人の大部分が自分の内面の年齢は実年齢より下であると感じているということです。

 

年齢が上がれば上がるほど、その傾向は顕著に現れるらしいのですが。

 

自分がもう「30だなんて」「40だなんて」「50だなんて」「60だなんて」「70だなんて」…ほとんどの人が、「信じられない」気持ちなのだといいます。

 

私もそうかな、と自分を振り返ってみたところ。

 

確かに、この前まで十代だった気がしなくもないですが。

 

だからといって「34」という年齢に「えーっ」という思いもなく。

年上の方々には「それはまだ若くて身体に不調がないからよ」と言ってもらうのかもしれませんが、とにかく今の所、別に嫌な気持ちになる要素はないなぁというところです。

 

年齢はたぶん、「性別」とか「職業」とか「国籍」と似ていて。

 

その人自身のためというよりも、その人以外の人がその人の輪郭をなんとなく掴むために最初に必要となる項目の一つなのだろうと思います。

 

10代と、20代と、30代とでは。

たとえ私が何も変わらなくても、まわりの反応や言葉遣い、対応のされ方が変わってくる。

人との関わりはダンスのようなものだから、出される反応によってこちらも動きを変えねばならず、そのことを人は「年齢を実感する」と言うのかもしれないなぁと思ったり。

 

でも「信じられない」という誰もが知るように、「年齢」はその人の内面を知る基準には決してなり得ない。

 

重要だと思われている「性別」も「職業」も「国籍」も「年齢」も。

 

「その人自身」…彼や彼女がどんな風にこれまでを生きて、どんなことを大切にして、どのように世界を感じているか…といったようなことには実はほとんど何の関係もないというこの事実。

 

 

現代を生きていると、こんな当たり前のことを知るに付けて、いちいち驚愕してしまいます。

 

 

 

 うららかな春。

どうぞみなさん、すてきな時間をお過ごしください。

 

 

   末富晶

 

 

4月30日(日)

京都パレスサイドホテルにて開催の「こ・こ・か・ら」さんに出展させていただきます。

心のままに花を生ける、晴空便りの生け花を体験していただけます。

私はほとんど会場にいると思いますので、よろしければふらりとお出でください。

詳しくはこちらへ↓

晴空便り「生け花の時間」

 

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com