読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

一つの井戸を掘るように

晴空便り

f:id:seikuudayori:20170128093937j:plain

 

二月は私の誕生月でもあるからか、やっぱり何か特別な感じがします。

 

一月一日はそれはそれで皆で新年を祝うけれど、

私にとって二月は一人、これまでの一年を振り返り新たな年へ思いを馳せる静かな月…。

 

今年はその二月もあっという間にめぐってきて、

めまぐるしい流れの中、四日目にしてやっと落ち着いて座る時を得たような気がします。

 

たくさんのことがありすぎて、何を書けばいいのか、もはや分からないくらい。

 

時を待っていたあちこちの種が春の日差しに一斉に芽を出すように、あれもこれもと、動いてきているのを感じます。

 

 

 

 「一つの井戸を掘りなさい」

 

 

とは、恐らく多くの方が耳にしている言葉で。

 

知識でも勉強でも修練でも、

あれこれと多くに手を出さず、自分がこれと思った場所で井戸を深く掘り進め、水脈を探しなさい。

 

と、簡単に言えばそういうことなのだろうと思うのですが。

 

 

私は長い間、そんな風に生きているつもりは全くありませんでした。

 

文章を書くのが好きで。

生け花も好きで。

フランス語もやりだしたり。

他にもあれやこれや。

 

自分の人生の軸と感じるものが一つではなく、一つ一つは関係のない場所でちらばっていて。

 

まとまりようのないものたちを、しかしどれも手放せず、

一つの場所に井戸を掘ることが出来ない人生なのだと、なんとなく思っていたようなところがあるのです。

 

 

でもここへ来て、それは違ったのだな、と、まだ仄かながら見える兆しにはっきりと感じることが出来るようになりました。

 

バラバラに見えていたその別々の「ずっとやってきた事」は、本当は「一つのこと」だった。

 そういうことに、気づきはじめたのです。

 

 

たぶん私は今まで、ずっと「準備」をしていたから。

それはそれで必要なことだったけれど、動き出さずに一人準備しているうちには、きっとこのことは見えなかったのだと思います。

 

私が別々のものと考えてきたことたちは、すべて、ひとつながりの命の上にあるものだったということ。

 

花弁と、茎と、葉と、トゲと、

 

そのどれがなくても、バラの花にはならないように。

 

 

おいしい水が、たくさんの種類の野菜と共に、火の力で煮込んではじめて

スープとなるように。

 

 

私がこれまでやってきた、大事に思う一つ一つの事柄は、

この先何かをつくるための「材料」となる基盤のようなものだったのかもしれない。

 

そのつくりたいものが、今すでに存在する名前のついたものであれば

目標とするものに迷わず進んでいる、という自信も持てようものですが。

 

つくろうとするものが、全く新しいか…少なくともここ100年くらい見かけていない、とか

その人独自のものである、とかいう場合、

途中までは一体何の材料を集めているのか、これでつくれるものなどあるのか、きっと自分でも見えないのだろうと思います。

 

でもきっと、この世に生を受けた一人一人、人生の中でその人のつくるものは違っていて。

 

集めるものも、生み出すタイミングも、本当にそれぞれで。

ただの一人も、同じということはなくて。

 

それぞれの命を、どう生かしていくか。

 

見つけたものたちを合わせて、どんな風に、新しい命の動きをつくっていくのか。

 

 

その違いを見ることが、もしかしたら、この世に生きる上で最高に楽しいことの一つなのかもしれない。

 

花や、

水や、

土や、

言葉や、

音楽や、

 

その他無限に連なる、この地球上の、そのままでも「生きている」ものたちを

 

だけど人はきっと、自らの手で更なる命へと「生かす」ことができる。

 

 

だからそのままでもすでに美しい花々を、

水盤の上に新たな命として再び「生かす」華道のことを、

古くから人は「生け花」と呼んだのだと。

 

子どもの頃、生け花を初めた時に習ったはずのそのことが、

どんなに真理をついた言葉だったかと、

今更ながら思い返されます。

 

 

これまで出会った、そしてこれから出会う、様々なものたちを

願わくば一つずつ手に取って。

 

一つの井戸を掘るように、生かしていけますように。

 

 

 

    末富晶

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com