晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

贈り物、包む事、あれこれ

 

f:id:seikuudayori:20161213182715j:plain

 (写真:前回の稽古で生けた生け花 華材:三つ又・バラ・レモンリーフ)

 

 

クリスマスが近づき、プレゼントを買ったりラッピングをしたりという機会が増えています。

 

大きなお店で買うと「プレゼント用に」という一言で綺麗に包んでくれるけれど、

そうした場所とはまた違う一風変わった出自の品々だとそうもいかない。

 

必要に迫られて紙で包み、リボンをつけて…という動作をしていくうちに、あれ、もしかしてこれは好きな作業かもしれない…と気づいたのがここ数日の出来事です。

 

 

もう何年も前の話になりますが、木のおもちゃと絵本のお店でアルバイトをしていた時期がありました。

 

クリスマス前になるといつもよりたくさんのお客さんが来てくださって、サンタさんの贈り物のラッピングを任されることもあり、

はっきり言ってちっとも器用じゃない私は重大任務に冷や汗をかいた覚えがあります。

 

 

そんな思い出から「ラッピングは苦手…」と思い込んでいたのですが、

 

今回存外楽しめていることから推察するに、苦手だったのはラッピングではなくて「お客さんを待たせないように早くしなければならない」という自ら生み出したプレッシャーの方だったのかもしれません。

 

 

 プレゼントを包む、なんて。

 

普通に考えて、こんなに幸福な時間は他にいくつもないかもしれない。

 

包装紙の中身を知らない誰かが、わくわくとした気持ちで包みを開ける瞬間がそう遠くないうちに現実に訪れることを知っていて、その一瞬のために、準備をしているのだから。

 

開かれるのを承知で、包んでいるし。

 

ほどかれるのを承知で、結んでいる。

 

 

ある意味とっても無駄な作業とも言えるのに、

ああどうして、幸せと思う瞬間はことごとく「無駄」とされるものの中に含まれているんだろう。

 

「意味」や「結果」や「目に見えるもの」

 

ばかりを追うと、

 

「空間」や「過程」や「言葉にならないもの」

 

の重要性をあっという間に見失ってしまうから。

 

 

バタバタと忙しく動いた後には、きっとこうしてプレゼントを包んだりする時間が必要に違いない。

 

 

そんな風に自分と会話しながら、

冬の雨音を聞いています。

 

 

雪になるのは、まだもう少し先かな。。。

 

 

   末富晶

 

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com