晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

ええことありますように

 

f:id:seikuudayori:20161124154406j:plain

 

 

先日、帰り道のバスに英語圏からの観光客のグループが一緒に乗っておられたのですが。

とちゅうから乗ってきたおばあさんグループとのやり取りが面白くて、たぶんバス中を和ませていました。

 

おばあさんA「はゔぁ ないす でぃ!(笑顔)」

 

観光客男性「Oh!(嬉しそう)」「○○○○?(英語で続けて何か返す)」

 

おばあさんA「なに言うてるか分からん。 はゔぁ ないす でぃ!」

 

おばあさんB「あんた何言うてるんや」

 

おばあさんA「なんか分からんけどこれだけ言うことにしてるねん。はゔぁないすでぃや。「ええことありますように」ってことやろ」

 

おばあさんB「80ですってなんて言うんやろうな。年や、年」

 

観光客男性「Toshi...?」

 

おばあさんAB「そうや、年や!あっはっはっは(大声で大笑い)」

 

 

その後会話にならない会話を(やはり大声で)続け、最後はまた「はゔぁ ないす でぃ!」で去っていった…。

 

なんというか、英語が喋れないこととか、相手は若者だとか、バスの中の人みんな聞いてるとか、あらゆることを物ともしない驚きの明るさと出会い、不思議な清々しさを感じてしまったのです。

 

 

私にはない、あの力…

 

 

「ええことありますように」

 

 

どんな人とも、そんな気持ちで向き合うことができたら。

それはどんなにか、素晴らしいことだなぁ。。。

 

 

なんて思っていたら、今日は私が駅で外国からの観光客の方に道を聞かれてしまった。

フランス語は少し勉強しているけれど、英語はちょっとした単語でも急には出てこない。。。

 

身振り手振りで何とかして、手を振って別れたけれど。

 

 

しまった、「はゔぁ ないす でい!」を忘れた。

 

 

と思ったときには、時すでに遅し・・・

 

 

あのおばあちゃんたちの境地に至るには、まだまだ先が長そうです。

 

 

 

   末富晶

 

 

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com