晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

私の不登校記~その17~

 

不登校の経験を綴ったエッセイその17です。

♪その1はこちらからどうぞ。

 

f:id:seikuudayori:20161110175507j:plain

 

<華道壮風会(後)>

 

不登校児として暮らしている間、学校以外のあらゆる場所が私にとっての「学び場」だったわけなのですが、華道壮風会の教室には今現在も通っており、その中でも例外的に長くお世話になっている場所だと言えます。

 

これほど長く続けられている理由には、もちろん先生や他の生徒さんたちのおかげもありますが、それ以上に「華道」という世界に一生を通じて学ぶべきものを見出せたことが大きいのではないかと思っています。

 

 

学校へ行かなくなってしばらくの間、私は深い悩みの時間を過ごしていました。

 

「この先どうなるのだろう」

 

という言いようのない不安から膨れ上がる思いの数々を、絶え間なく頭の内に流しているばかりだったのです。

 

けれどお華の教室が終わり帰る時は必ずと言っていいほど、少しすっきりとした気持ちに変わっていました。

 

たとえ稽古の中で生けた作品に先生からの褒め言葉が一つもない日であっても、不思議なことにそれは同じだったのです。

 

 

思うにそれは、植物の持つ力のおかげなのかもしれません。

 

生きた花や枝には、大地から離れてもなお、土に繋がっていた頃の生き生きとした力が宿っています。

茎や葉に触れ、一つ一つの姿をじっと見つめるうちに、知らず知らず私はその植物の持つ「気」をいただいていたのでしょう。

 

 

悩みや考え、自分でも気づいていないようなあれこれが、生け花では植物の姿をかりてすぐ目の前に見える形で現れてくれる。

 

自覚するしないに関わらず、それを繰り返すうち少しずつ心は整い、重い考えは霧散していったのでした。

 

 

 

高島市社会福祉協議会広報「しふくのふくし」NO.65より

 

~あとがきのようなもの~

水盤の上に、心の景色を広げる稽古は、まだまだ続いています。
最近、他の方々にもこの深い世界の入り口へとご案内する機会を持つことができるようになってきました。
私個人の「晴空便り生け花教室」も開いています。
興味を持たれた方は、どうぞ下記「晴空便りのホームページ」よりお問い合わせください。

 

松井禾風先生の

華道壮風会ホームページは→こちらからどうぞ。

 

 

   末富晶

 

 

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com