晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

節目

 

f:id:seikuudayori:20160303100023j:plain

3月になりました。
ここへきての突然の寒波の吹雪く中、綺麗な花束を持った人をたくさん見かけて、そういえば卒業式のシーズンなのかと思い当たり・・・。喫茶店の窓から、節目を迎えた皆さんのどこかすっきりとした明るい表情を、なんだかいいなぁと拝見しておりました。

私は小学校3年生から学校に行かなくなり、それからずっと行かないままで過ごしたのでそういうちゃんとした節目の行事にはついぞ参加する機会がありませんでした。
 
節目がちゃんとあるって、ぴりっと良いものですね。

でも考えてみると、そういう対外的にはっきりとした行事ではなくても、やっぱり自分なりに毎回個人的な「節目」は体験してきたのです。
自分では「そこ」と分かっているけれど、他の人に説明することはできない、大事な人生の転換点みたいなものですね。
それは「あの時」と「あの時」と「あの時」と・・・と思い馳せながらコーヒーを飲んでいたのですが、間違いなくその節目に「今」も含まれるなと思います。

あの晴れやかな若い方々と同じように、私も今、ひとつの卒業の時期を迎え、そしてすぐさま入学式である・・・といった現状です。
もちろん、自分だけに分かる感覚であって、実際にどこかの学校に出るとか入るとかいったことではないのですが。

入学準備の一つとして、このブログをはじめました。
日々、色々なことを綴っていきたいと思います。

ホームページも、少し形あるものができました。
徐々に更新していこうと思っています。

seikuudayori.wix.com




脱皮したり羽化したりしながら、人もどんどんトランスフォーメーションしていくものでしょうか。

未知の世界は恐いものだけど、その恐さから逃げるのをやめて、心を開き進む覚悟をした時に新しい展開もまた開かれていくと感じています。



今日を、旅立ちの日として。


 末富晶