読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

春うらら

外を歩けばウグイスの鳴き声が聞こえ、 日差しは明るく、 町のいたる所に花粉症らしきマスク姿の方々も増えて、 ああ、すっかり春なのだと思える今日この頃です。 冬眠していたわけでもないのに 「さて、そろそろ動き出そうか」 と、わけもなく、あくびと共…

詩を書く人

パリやミラノでの海外華展をきっかけに生け花と詩を合わせた表現をするようになり、 それまでノートにただ書き留めるのみだった言葉たちが、 アクリル板に乗って形を持ち空間に浮かぶのを見るようになりました。 <写真・2016年 華道壮風会 東京展 出展作品…

あの頃の私へ

<生け花(フリージア・ハラン) 末富晶 2017年2月> 34才になりました。 人に説明できる名を持つような何者にもなっていないのにおかしな話かもしれませんが、 ごく純粋に、「よくぞここまで」という思いがします。 普段、あまりそういうことはない…

一つの井戸を掘るように

二月は私の誕生月でもあるからか、やっぱり何か特別な感じがします。 一月一日はそれはそれで皆で新年を祝うけれど、 私にとって二月は一人、これまでの一年を振り返り新たな年へ思いを馳せる静かな月…。 今年はその二月もあっという間にめぐってきて、 めま…

春を待つ間に

<生け花(アオモジ・チューリップ・レモンリーフ) ・末富晶 2017年1月> 私の住む地域では、この冬は雪があまり降らなかったものだから、 先週2日間ほどの寒波の折の積雪にみんな少なからず気持ちが高ぶったようで、私の見ているSNSのフィールドは友…

新しい年にむけて

あけましておめでとうございます。 数年前には辺り一面雪化粧なお正月もあったと思うのですが、今年はなんだかとても暖かくよく晴れた元日となりました。 三が日の間に見た動画で、印象に残ったものがあります。 英語のドキュメンタリーだったので隣で説明し…

”過程”を生きる

子どもの頃から十代にかけて。 私は「すべてを知り尽くした老人」に憧れ、そうなろうとしていました。 着飾らず、美食せず、畑を耕し、古い着物を作務衣にしたものを着て。 犬か猫を一匹そばに置き、日がな一日、本を読んだり植物の世話をしたり、ゆったりと…

観々臘月尽

師走も半ばを過ぎると、いよいよ山も白くなり冬の景色を目にすることが多くなります。 「観々臘月尽」 みよみよ ろうげつ つく と読むというこの言葉は、先日のお茶のお稽古の時に先生が用意してくださった掛け軸にあったもの。 「ほらほら、ぼんやりしてい…

贈り物、包む事、あれこれ

(写真:前回の稽古で生けた生け花 華材:三つ又・バラ・レモンリーフ) クリスマスが近づき、プレゼントを買ったりラッピングをしたりという機会が増えています。 大きなお店で買うと「プレゼント用に」という一言で綺麗に包んでくれるけれど、 そうした場所…

本物の考え

11月も半ばになると、そろそろ今年も終わりだなぁという気配が漂いはじめますね。 来週の週末にはまた、元不登校児としてお話をさせていただく機会があります。 といっても今回は学生さん企画の会で、不登校と関わる色々な団体の方々が来られるようなので私…

着るものに、宿るもの

先日、ある人と着物の話をしていて。 ふとした瞬間にその方がおっしゃった 「着物には、微生物が住んでいますからね」 という言葉が、それから何日もたった今もなんだか忘れられずに心に残っている。 昔の布、絹や綿やウールは、いろんな目に見えない生き物…

明るい火を、灯せる人に

(「灯り」2013年華道壮風会神戸展出展作品・ギャラリー島田) 秋晴れの気持ちよい日が続きます。 ブログを書かない間にも、裸足で山に登ったり、着物の着付けを特訓したり、植物園で珍しいバオバブの花を見たりと色んなことがありました。 楽しいことで燃や…

2016年秋の東京展を終えて

東京表参道での華道壮風会現代生け花・現代美術展への出展を終え、無事に住み慣れた関西へ帰ってきました。 今回の華材はミツマタとイヴ・ミオラという種類のバラ。 よく見ると、この子は何か丸い球を持っています。 上にある詩の内容は、以下のとおり。。。…

不登校児になることは、効率の良い生き方をやめること

「アリス・イン・ワンダーランド」のように。 日常世界のどこかにある、思わぬ場所で落っこちて。ある日突然、世界がまったくあべこべに変わってしまう。 そこまでとはいかなくても、やはり、不登校児とそうでない生き方とでは子ども時代の世界の見え方が全…

お花がすべて教えてくれる

なにやら見えない場所の力を使い果たし、ぐったり疲れて帰った昨日の夜。 何度かこのブログでも書いているように、子どもの頃に出会ってからかれこれ20年以上お世話になっている華道壮風会。 今は月に2回ほど、神戸まで片道1時間半かけて稽古に通ってい…

華道壮風会<現代生け花・現代美術展>のお知らせ

夏休みをとっていた…というわけでもないのですが、お久しぶりの投稿になってしまいました。もう8月も終わりですね、というところの、晴空便りです。 9月に、私も参加させていただく華道壮風会の現代生け花・現代美術展が東京表参道のプロモ・アルテ プロジ…

天の岩戸が開く時

7日の日曜日、お陰様で無事に二回目の講演会を終えることができました。 「ひきこもりがちな方と歩む研修会」の中で「不登校とわたし~学校の外の世界~」という題でお話させていただきました。 来てくださった方、携わってくださった方、本当にありがとう…

今週末、お話をしに長浜へ・・・

今週末、8月7日(日)にまた講演会をさせていただくことになりました。 不登校児時代の話、今感じていることなど、お話させてもらいに行ってきます。 長浜市社会福祉協議会さんの主催で、長浜市の河毛駅が最寄り駅の湖北ディサービスセンターという場所が…

空からの、便り

この間の日曜日、京都のホテルで開かれた「こ・こ・か・ら」さんのイベントにお花を生けに行かせていただきました。 このところありがたいことに、こんな風に色々と動きのある毎日を送らせていただいていて、ゆっくり文章を書く機会を待っていたら今日まで少…

私もあなたも、知らない私

今月になり、突然舞い込んで来た高校の授業に訪問する機会ですが、今週無事に全3回が終わりました。 スクーリングで前日から泊りがけで来ている生徒の皆さんにとって、その日は朝一番の体育から始まったというから、昼過ぎから夕方にかけての6限目~7限目…

出会うだけでは出会いにならない

今月、ひょんなことから高校の教室へお話をしに行く機会をいただきました。 通信制の学校で、普段生徒の皆さんは自宅学習をしていたり別の場所で授業を受けたりしているのですが、スクーリングの時期だけ合宿形式で何日か泊まりがけで学校での授業を揃って受…

変えなければならない…ことはない。

写真は前回の華道壮風会の昼間稽古で撮ったもの。 暗いとこだとやっぱりピンボケしてしまうなー。携帯とカメラについて、検討が必要です。 晴空便り生け花の日、2回目もお陰様で無事に開催することができました。 お越しくださり、ありがとうございます。水…

1日1分のススメ

子どもの頃、私は自分のことを何かを続けることがとても苦手な人間だなと思っていました。新しいことを始めようとしても、根気がいる作業だとまず続かないし、 一つの楽器を毎日練習するとか、 漢字を5つずつ覚えるとか、 編み物を仕上げるとか、 なんでも…

私の中にいる勇者・もしくは光と呼ばれるものについて

昨日から、ブログを更新しようと書きかけて途中まで書きやめる・・・を何度か繰り返しています。「安全な場所にいる人が、いつもの日常を過ごすことが大事」というフレーズを頭に入れて、きっとそうなのだとこの前の続きの調子で更新しようとしてもどうして…

力を与えるもの・奪うもの

先週、お花がうまく生けられなかったことをきっかけに。 色々と自分の中で考えたり、分かったり、思い出したりすることがあったのですが。 結局世の中の物はなんであれ、自分にとって力を与えてくれるものと、逆に力が奪われてしまうものとがあると思うので…

気が抜けた話

前回と昨日、華道壮風会の稽古で全然花が見えない事態におちいりました。 今までも、なんとなくうまくいかない日はあったけれど、こんなに見えないのは初めて。 見えていないことも先生に見ていただかないと気づけないくらいで。 昨日は最初に生けたマンサク…

怒涛の3月行事を終えて

・・・お疲れ様です。連なっていた個人的重要3月行事、「講演会」も「東京の塾」も「初いけ花教室開催」も、無事に終わりました。本当に、皆々様のお蔭で、です。ありがとうございます。荒波の上で船を乗りこなしたような、風に乗って飛んだような、もしく…

花を生けるように

久しぶりの東京から無事に帰ってきました。 路線の複雑さや、次の電車が待たなくてもすぐに来ることや、乗り換えのためにみんなすごく沢山歩くことなど。昔も感じた違いを「そうだったなぁ」と色々思い出しましたが、当たり前といえば当たり前なのか、東京ら…

祖母とウグイス

祖母は92歳になるので、最近ではまだ肌寒いこの時期に外に出ることはめったになくなったけれど。 少し前まで春先には庭に出て、花の世話をしたり近所の人と話をしたりしている姿をよく見かけていました。 あれは何年前のことなのでしょう。 家の用事をして…

未来の枠を超えて行く

講演会も終わり、少しほっとしたところで今週末は東京に出かけます。昔は月に何往復もするくらい足しげく通った時期もありましたが、そんな頃からいつの間にかかなりの年月が経ったようで・・ずいぶん久方ぶりの東京となります。 その頃とは全く別の用事で行…

節目

3月になりました。ここへきての突然の寒波の吹雪く中、綺麗な花束を持った人をたくさん見かけて、そういえば卒業式のシーズンなのかと思い当たり・・・。喫茶店の窓から、節目を迎えた皆さんのどこかすっきりとした明るい表情を、なんだかいいなぁと拝見し…