晴空便り

造形詩家・末富晶の晴れた空へつながるブログ

ほこほこのじゃがいも

 

f:id:seikuudayori:20170621214320j:plain

 

ほこほこの土から手で掘ったじゃがいもを、ほこほこに蒸して食べる。

 

 

 

知り合いの方の畑を手伝って、いただいてきたじゃがいも。

 

蒸してバター、あるいはお塩でいただいたらさぞや美味しかろうと、掘っている時からずっと考えていたので、こうなることは運命なのでした。

 

知っている方が育てたじゃがいもを、知っている方がつくった器にのせて

 

ほこほこ湯気をたてている様子を見てはしみじみと、これ以上の幸せがあるかしら、と思うのです。

 

私は昔から、ちょっと変かもしれないけど、

ほこほこ湯気が出ている食べ物を、例えば食べ盛りの男の子なんかが程よく冷めるまで待てず、ハフハフ言いながら食べてたりする様子を見ると、なぜだかわけもなく感動してうっかり涙が出そうになったりすることがあります。

 

食べる。

 

ってやっぱり、命に直結しているから。

 

ああ、生きてるなぁ。

 

という感じがして、それが嬉しいのかもしれません。

(でも実のところ感動の理由は自分でもよく分かりません)

 

 

私の母は私たち兄弟が小さい頃から食の安全に気を使ってくれていて、

当時としては珍しく、40年ほど前にはすでに住んでいた団地の中でグループを作り、無農薬野菜を定期的に分け合ったりしていたようです。

 

そんな環境で育ったからか、

ほんの小さな頃の私は好きな食べ物を聞かれ

 

「にんじん葉の天ぷら」

 

と答えて周囲の大人を驚かせていたのだとか。

 

 

 おかげさまで野菜好きに育ちました。

 

 

そんなこんな言っているうちに、夏至も過ぎ、もう6月も下旬ですね。

 

今年ももう、半分終わったのか。。。

 

 

あっという間…いえいえ、なかなかに濃い6ヶ月でありました。

 

 

 

引き続き、いろんな体験をしつつ、まいりましょう。

 

 

みなさんどうぞ、今日もよい一日をお過ごしください。

 

 

 

    末富 晶

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

 

 

 

 

動いている庭

ドキュメンタリー映画「動いている庭」を見に行きました。

 

f:id:seikuudayori:20170618090551j:plain

 

動いている庭|The Garden in Movement

 

 

フランスの庭師、ジル・クレマンさんの庭と、

昨年日本に来られた際の様子をとらえたドキュメンタリー。

 

昨日は映画の後に、監督と、この映画に深く関わられたお二人とのトークイベントもあり、映画だけよりもより多くのことを知り、感じることができる機会となりました。

 

 

「動いている庭」

 

というタイトルには、何かもうそれだけで人を惹き付けるものがあるようで。

 

ジル・クレマンさんのことも知らず、

庭のことも知らず、

もちろんその著書も知らず、

 

であるのに、

「なんだか見てみたい」

という気持ちになり、映画館まで訪れる人がどうやら多くいてくださるようだ。と、監督。

 

私はまさにその「多く」の一人であったので、

惹き付けられた他の方々の気持ちも想像できる気がします。

 

 

生命とは、動いているものだから。

 

人も、

動物も、

昆虫も、

植物も、

星々も、

 

みんなみんな、動きの内にあって。

 

そんなことは、ある意味「当然」なのに

それでもなぜか、

 

「動いている」こと、

「生きている」ことに、

 

もっと広い視点では、

「死」さえも含んだ「大きな流れの循環」に、

 

強烈に惹き付けられ、あらためてそれを感じる機会をいただくたび、深く心揺さぶられる思いがする。

 

そのことを知っているから、

それを再確認させてくれそうな機会があるたびに、

味わいに行ってみたい気持ちになるのだな。

 

 

映画はとても優しい時間が流れていて、

最初の頃こそ、カメラが揺れてちょっと酔いそうかも…と不安になりましたが

だんだんと見ている側と映画の中の人々の境界線が曖昧になるにつれ、

そんなこともなくなり、気づけばあっという間に最後のシーンとなっていました。

 

 

上映会場となった立誠シネマは、昭和3年に建築された元・小学校の校舎だったとても趣ある建物で、前から一度行ってみたいなと思っていたのですがなかなか足を運ぶ機会がなく、今回がはじめての訪問です。

 

そしたらなんと、もうすぐ映画館は撤退→出町柳商店街に移転されるそうで

 

ここは近く取り壊しになるとか。

 

スタッフの方にうかがったところ、その後は大きなホテルになるそうです。

 

 

またホテル…というのが、正直な感想。

 

三条、四条河原町周辺の変化は今にはじまったことではないのでしょうけれど、

ここ2〜3年は特に顕著ですね。

 

 

動いている庭、立誠シネマにて6月30日まで上映されているようです。

 

risseicinema.com

 

 

大阪でも上映されるようなので、興味をもたれた方はぜひそちらでも。。。

 

 

 

   末富 晶

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傷つきやすさ

f:id:seikuudayori:20170615103233j:plain

 

みんながどんなことを感じながら日々を過ごしているのかなんて、本当には分からないものなのだから。

 

人よりも傷つきやすいかどうか、判断する基準はないのだろうけど。

 

それでも私はやっぱり、元来ちょっとのことで、すぐに心が傷つく傾向にあるなぁと思う。

 

 

幼い頃ほどそれが顕著で、

あまりの傷つきやすさから自分の身を守るために、不登校児となったと言っても過言ではないかもしれない。

 

 

心を死なせないために、

安全な場所に避難することは

 

たとえ誰かがそれを「逃げ」だと言ったとしても

当時、私が自分にしてあげられる最良の選択だった。

 

 

大人になってからも、心が強くなる気配は一向にないけれど

 

その心の主である「私」という存在は、様々な経験を経て、案外図太くもなってきている。

 

 

人は成長すると

 

傷つかないようになるのではなくて、

 

傷つくこともいとわなくなるのか、と思う。

 

 

 

傷つきやすさについて、嘆く必要はなかったのだなぁ。

 

 

 

どんな感情も、経験も、

近い境遇にある人の助けに、いつかきっとなるもので。

 

180度違う世界に住む人にとっては、

行ったことのない国の話を聞くような、未知のギフトにもなり得る。

 

 

ただただ、その時ごとに味わって、

 

消化して、浄化して。

 

光に返して、いけるといい。

 

 

 

そんなふうに、思います。

 

 

 

   末富 晶

 

 

<晴空便りホームページ>

 

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

” 着物の会 ” 蘆花浅水荘

 

蘆花浅水荘について。このブログで紹介するのは初めてなのですが、実はこの春からこの場所に大きく関わらせていただいているので、今日はそのお話を。。。

 

f:id:seikuudayori:20170602220803j:plain

 

蘆花浅水荘(ろかせんすいそう)は、日本画家の山元春挙(やまもと しゅんきょ)が別邸として100年ほど前に琵琶湖近くに建てた数寄屋建築のお屋敷なのですが、現在は記恩寺というお寺になり、国の重要文化財に指定されています。

 

そんなにすごい場所と、本当にひょんなことからご縁がつながり。

 

現在ここを管理されている春挙のお孫さんにあたる山元さんのご厚意で、こちらのお屋敷でこれから先どんなことをしていけるか、そんなあれこれを一緒に考えさせていただくこととなったのです。

 

f:id:seikuudayori:20170602220414j:plain

 

この月曜日は、着物の会。

夏着物を着て集まって、わいわいした談話後、屋敷内を探索、その後春挙さんの掛け軸を見せていただいたりと、盛り沢山な一日となりました。

 

f:id:seikuudayori:20170614085919j:plain

 

f:id:seikuudayori:20170614090036j:plain

 

f:id:seikuudayori:20170614090102j:plain

 

私は他の仲間2人と蘆花浅水荘活性化推進委員会を立ち上げた、発足メンバー3人のうちの1人ということになります。

 

 

もうすでに色んな動きが起こっているのですが、これからここで縁ある方々と面白く価値ある何かをきっとしていける予感がして、今はわくわくと楽しみです。

 

お花を生けるサロンも、近いうちにこの場所でさせていただくつもりをしているので

詳しいことが決まりましたら、またお知らせさせていただきますね。

 

f:id:seikuudayori:20170614091440j:plain

 

今の風景からはちょっと想像することが難しいのですが、

昔この辺りはお屋敷が立ち並ぶ風情ある街並みだったそうです。

 

隣も、その隣も、名のある方のお屋敷だったけれど、

時代の流れに逆らえず、一つまた一つと消え、

ついにこの蘆花浅水荘ただ一つとなったとのこと。

 

 

この場所が今日まで残ったのには、もちろんたくさんの人の尽力によるところも大きいのだけれど、

何か他の屋敷にはない、特別な魅力がここにあったから、というのも一つの重要なファクターであるという気がします。

 

f:id:seikuudayori:20170614090336j:plain

  

山元春挙氏がこの場所に込めた想いと、屋敷のそこここで出会う「美しさ」に心動かされる日々です。

 

 

 

蘆花浅水荘については書きたいことが多すぎてまとまらないので、また追々と…。

 

 

 

一つ一つ、何かに導かれるように。

 

バラバラだったパズルのピースが集まりはじめ、形になっていっています。

 

 

 

   末富 晶

 

 

 <晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい扉を開けて

f:id:seikuudayori:20170530115718j:plain

 

 

ずいぶんと久しぶりの投稿になってしまいました。

 

 

夏のように明るい日差しの今日この頃、みなさんはこの一か月、どんな風にお過ごしでしたでしょうか。

 

 

私は相変わらず、色んな変化や新しいことが起こる毎日で、五月中はそれにワクワクしたりドキドキしたり右往左往したりしておりました。

 

自分の人生の中に

新しい扉が現れたとき、

 

それを開かない、という選択肢はもう私の中にはないのですが。

 

生活の中の、ほんの少しの心持ちの違いで、

その扉を開くときの気持ちも変化してしまうのを感じています。

 

 

お花を生けるとき、自分の気づいていない、ほんの少しの何かの違いで出来上がるものが雲泥の差になるように。

 

 

どんな気持ちでその扉を開くかは、中の景色を一変させる可能性があるほど重要なことなのだと、昔から知っているつもりではおりましたが、やっと実感を持てるまでに至ったのかもしれません。

 

どんなことをするのかよりも、

どんな心持ちであるのかの方が、ずっと大切。

 

ともすればすぐに剥がれ落ちてしまいそうな、透けるほどの薄皮を、一枚一枚、身にまとっていくような日々。

 

 

取り入れたものを自分の肌と重ねて、もうどちらがどちらか分からないほどになったなら、おそらくその試みは成功なのです。

 

 

それに向き合う真面目さよりも、

もしかしたら100倍くらい重要なのは、

 

可愛らしさ、とか

柔らかさ、とか

明るさ、といったものたちなのかもしれません。

 

 

受け入れるものに合わせて、柔軟に変わっていける私でありますように。

 

 

試行錯誤しながらも、扉を開けていきたいと思います。

 

 

   末富 晶

 

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100年の足音

f:id:seikuudayori:20170425190013j:plain

<生け花(ウリバカエデ・カンパニュラ)末富晶 2017年4月>

 

 

5月になりました。

 

暖かくなりましたね…を通り過ぎ、すっかり汗ばむような陽気。

 

昨日は早くも夏を感じさせる日差しの中で、子ども御輿がわっしょい行くのに出くわしたり、川辺でお昼をいただいたりと、5月らしい一日を過ごさせていただきました。

 

 

最近、様々なことをきっかけに100年くらい前の人々や文化について考える機会が多くなっています。

 

長い人類の歴史の中で100年はきっととても短く、そこだけに思いを馳せるのは不完全だし中途半端なのかもしれませんが。

 

100年前というと、私の曾祖父たちが過ごした時代ということもあり、「自分が直接その時を生きた人からの話を聞いたことがない時代」として、一番近いところにある気がしてなんだか不思議な距離感の親しみを感じるのです。

 

よく聞く、「昔は良かった」の言葉をただ単純に使うのは私も好きではないし、

 

「昔」ではなく「今」や「未来」を見た方がいい

 

という言葉も、そうだなぁとも思うのですが。

 

それでもやはり、少しずつその時代の人についての文章を読むにつれ、写真を見るにつれ、つくったものたちに出会うにつれ、知るにつれ。

 

どうしてもどうしても、何か得体の知れない魅力を感じてしまうのも本当で。

 

それが何なんだろうということを、このところずっと考えていました。

 

 

 

 

思うに私はきっと、「昔」が好きなわけではなくて。

 

ただ、いつの世も等しく存在する「不変のもの」をそこに見つけたと感じるときに、魂の震える感覚がするのです。

 

 

人の世のルールは刻一刻と変わるけれど。

 

「本当に大事なこと」は、きっとそう大きく変わらない。

 

 

この100年で急速にたくさんの変化があり、今はもう失ってしまったと思えるものたちも多いのだけど。

 

自分の中にまだ、その感覚に触れて涙する心があるのだということは、一つの希望のように思えるのかもしれません。

 

 

美しさ、とは、そこに繋がるための一つの鍵なのではないか、という気がします。

 

お金の単位の「円」ではなくて、

長さの単位の「センチ」ではなくて、

もちろん重さの「グラム」でもなくて。

 

道具ではかることができない、数値化できないもの。

 

尺度を持たない「美しさ」に、きっと秘密が隠されている。

 

 

そんなことを思いながら。

 

空間の美を良しとする数々の芸術に、改めて敬意を抱くのです。

 

 

この地のそこここに残されているその「美」の扉に、できるだけ多く触れて、できれば自分でもつくって開いて。

 

 

そんなふうに、生きていければ、きっといい。

 

 

 

この晴空便りでの色々な事柄が、そこにつながるものでありますように。

 

 

 

 新緑の5月。

 

すてきな日々をお過ごしください。

 

 

 

 

 

  末富晶

 

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

 

 

 

 

 

晴空便りの生け花

f:id:seikuudayori:20170427122107j:plain

<生け花(庭のお花たち)末富晶・2017年4月 蘆花浅水荘にて> 

 

 

さて、明日は京都パレスサイドホテルでの「こ・こ・か・ら」さんのイベントに出展させていただく日です。

毎回、「晴空便りの生け花の時間」として、ゆっくりと小さな生け花を楽しんでいただけるスペースをつくっています。もしよろしければ、どうぞふらりとお立ち寄りください。詳細はこちら↓へ…

<こ・こ・か・らさんのホームページはこちら>

 

お花を用意して。

華器その他をスーツケースにつめて。

こまごまとした準備も、それはそれで楽しい時間。

 

生け花を通して色んな方と交流するようになって早一年。

少しずつですが、自分なりの「生け花の空間」の形が見えてきたような気がします。

 

一年ちょっと前、晴空便りとして生け花の教室を作ろうと考えていた時、どうしても

「既存の形」

というものが大きく頭の中にあって、それに合わせなくてはと色々空回りもしたのです。

 

毎月決まった曜日に華道教室を開かなければいけない。とか。

華材は枝物(木)と花をバランスよく揃えなくてはいけない。とか。

○○会みたいなグループにして入会金をいただく形にするべきなのだろうか。とか。

 

そう考えるとなんだか疲れて進めなくなって、進めないことを努力できないなぁと勘違いしそうになったりもしたのですが。

 

思うに、進めないということは、「そっちじゃないよ」というどこかからのサインなのでしょう。

最近では、無理にそういう「これまでにあった形」に合わせてスタートさせなくて良かったなぁと思える出来事が色々と起こっているのです。

 

ある方から先日、おうちでお友達を集めて生け花と親しむ会を持てたらいいなという相談をいただいたのですが。

 

その内容をまとめると、

 

つまり、そんなに大げさな「華器」も「華材」も必要なく。

 

ただ好きな入れ物に、庭や野原で好きなようにつんできたお花や、なんなら台所の野菜などの身近な植物を生けてみて。

 

いつもの暮らしの中で、植物ともっと親しくなりたい。

 

それを、みんなでおしゃべりしながら楽しくできたらきっと素敵だな。

 

と、ただただ純粋に、そういう気持ちが伝わってくるものでした。

 

「そういうの、教えられる?」

 

と聞いてもらった時。

私のやりたいことは、きっとそれに近い。と思えたのです。

 

生け花の世界の、花と花との間の「空間」を見る、その奥深さももちろん好きだし、色んな人に伝えたいとも思うけれど。

 

その始まりは、きっとシンプルで。

 

これまでもずっとそばにあった「庭の花」や「台所の野菜」などを、「改めて見てみる」というような些細なことが、実は、今まで知らなかった世界へ通じる扉となるのかもしれない。

 

それは何かに隠れて見えなくなっていた家の中の小さな窓を、そっと開いてみるようなもので。

 

その窓から、どんな風が入ってくるか。どんな景色が見えるか。

 

一人一人の「体験」は全く別物で、それがまた面白い。

そういう出会いを、していけるような。そんな生け花となったらいいなと思えるのです。

 

まだうまくまとまりませんが、

晴空便りの生け花はやはり、

いわゆる「華道教室」とは全く別のものになるのだろうなぁ…。

 

 

明日の出会いもまた楽しみに。

できれば明日もまたたくさんの人に、お花を生けていただけますように。

 

 

   末富晶

 

<晴空便りホームページ>

seikuudayori.wixsite.com