晴空便り

エッセイスト・生け花アーティスト・末富晶の晴れた空へつながるブログ

春に立つ

 

f:id:seikuudayori:20200205111755j:plain

 

 

 

朝日を感じて目覚めて。

 

軽く身体を動かして。

 

ほんのわずかばかり、静かに座って。

 

 

 

 

そうしてめぐるいつもの一日を繰り返しながら、

動画やSNSや人々の様子を通して

 

今、どんなにか

世界が大きくうごめいていることを感じています。

 

 

 

 

 

昨日と同じような明日が続いていくものだとばかり、

なぜか私たちは信じがちだけど。

 

 

よくよく考えてみれば、

今日と全く同じ日を過ごしたことは、一日とて過去になく。

 

 

毎日、毎日、

特別の今日を積み重ねて。

 

その一人ひとりの、

少しずつの毎日の変化が

何年も経てば、大きなうねりとなって現実に見えるようになるのは

当然のこと、と言えるのかもしれません。

 

 

目に見える世界と、見えない世界とは、

 

よく言われる分け方だけれど。

 

 

感知するしないに関わらず、

その二つは、いつも共にあって

お互いの裏側を、担っている。

 

 

 

人間の生き方にも、

 

感覚や思考みたいに目に見えない状態のものもあれば

 

行動やこうして表す言葉のように目に見える類のものもある。

 

 

とてもとても、当たり前のことを書いているようですが、

「見えないもの」はない、と断言しても憚られないような風潮が

ここしばらく、強かったように感じるから。

 

改めてその当たり前に向き合って、

見えないものの世界に思いを馳せることには、

何かとても大きな意味があると思えるのです。

 

 

 

ものすごく色々と飛び越えていきなり結論を言えば、

 

私は、

私のやっている、書いている、生け花や文章は

その二つのうちの「目に見えない」部分をより深く重視しています。

 

 

生け花を通して見ているのは

本当は「花」ではなく目の前の「空間」そのものであるし、

 

文章を書いていて意味をこめているのは

本当は書かれている「言葉」ではなく「行間」を含んだ全体の流れや印象だから。

 

 

 

見えるものの世界と、

見えないものの世界、

そして、それをどちらも感じ取る「私」の世界。

 

 

 

まるで正三角形をつくろうとするように、

 

その三点の、どれか一方だけ殊更に長く伸ばすことなく、

 

互いが互いに、寸分違わず同じずつだけ、

それぞれの世界を深めていくことが出来たら。

 

 

 

 そこではじめて、この世界の本当の姿が見えてくる。

 

 

 

そんな風に感じています。

 

 

 

 

 

 

 

立春を迎え、新しい時がはじまりました。

 

 

 

 

みなさまどうぞそれぞれに、

素敵な今日をお過ごしください。

 

 

 

 

   末富 晶

  Sho SUETOMI

 

 

 


------------------------------------------------------------------------------------


不登校でも大丈夫」岩波ジュニア新書 発売中です
小学校3年生から学校に行かなくなり、そのまま大人になった一人の人として、
不登校児だった頃の体験や出会いや考えていたことを振り返りながら、
今現在につながる道筋を綴っています。

 

www.iwanami.co.jp

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


末富晶のホームページ<晴空便り>
メッセージ・お問い合わせはこちらのメールフォームよりお送りください。

 

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

 

 

 

また新しく年めぐる

f:id:seikuudayori:20200115110550j:plainおはな・末富晶<ガーベラ・ドラゴン柳・レモンリーフ>

 

 

 

気づけば2020年が明けて早2週間。

 

新年のご挨拶にはだいぶ遅いタイミングでのブログ更新となってしまいました。

 

 

カレンダーの日付と自分の身体感覚がそろわなくなってから久しいのですが、

この頃特にその感じが強まっているような気がします。

 

 

子どもの頃はあんなに待ち遠しく数えたクリスマスもお正月も、

 

今では少し遠い場所から眺め、不思議な感覚の中で過ごしているような。

 

 

家族で新年を祝えることのありがたさは、年々同じように感じているはずなのだけど…。

 

 

 

新たな2020年。

まためぐる日々を、できるだけ良いものにしていきたい。

 

 

「良い」とか「悪い」という言葉を、

そんなことは誰に決められるものでもないと思い、

使うことを避けていた時期もあるのですが。

 

「私にとって」の「良き」ことを見つけ出すことは、

そう感じてその方向に向かおうとすることは、

やはり本当は、とても大事なことで。

 

それは、全体にとっての「良い」ことに、

遅かれ早かれ、つながるもののはずで。

 

ある状態で物事を二つに分けること、

 

「良し」「悪し」

「善」「悪」

「白」「黒」

 

を、自分なりに考え、そのままに選んでいくことは

人生にとってとても大事なことだろうと思うように、だんだんと変わってきました。

 

 

「良し」「悪し」を超えたところにあるものの方が、真実に近いかもしれないけれど。

 

 

何も選ばず、ただ単にそれまでの延長上に惰性で生きることには、

やっぱりやがては、限界がくる。

 

 

間違うかもしれないし、傷つくかもしれないけど、

それでも私なりの「良き」方向へ。

 

2020年の抱負と呼べるものがあるとしたら、そうしたものになるかもしれません。

 

 

今年最初の稽古の花は、やさしい色のガーベラと、しなやかに伸びる柳と、若い緑の葉でした。

 

 

ガーベラに、若い乙女の麗しい姿。

 

柳に、年を重ねた老女の聡い姿。

 

葉っぱに、生まれたばかりの命の輝かしい姿を見て。

 

 

その三者が三様に、

それぞれの美しさをもったまま、

混じり合わず、しかし相反せず、

三層の輝きをもって、そこに在れるように。

 

 

異なるものが異なるままに、互いを深めていける。

私自身の内面も、そうした方向に向かっていきたい。

 

 

 

そんな思いをめぐらせる、新年最初の月です。

 

 

 

 

 

みなさまにとってのこの一年もまた、

素晴らしいものとなりますように。

 

 

 

 

 

 末富 晶

Sho SUETOMI 

 

 

 ------------------------------------------------------------------------------------


不登校でも大丈夫」岩波ジュニア新書 発売中です
小学校3年生から学校に行かなくなり、そのまま大人になった一人の人として、
不登校児だった頃の体験や出会いや考えていたことを振り返りながら、
今現在につながる道筋を綴っています。

 

www.iwanami.co.jp

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


末富晶のホームページ<晴空便り>
メッセージ・お問い合わせはこちらのメールフォームよりお送りください。

 

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

目の前の曇りガラスを磨いて~12月21日(土)~24日(火)華道壮風会<現代生け花・美術>展

 

f:id:seikuudayori:20191214200939j:plain

<生け花・末富晶・ラン・柳・ドラセナ>

 

 

不登校でも大丈夫」という本が出版されてからしばらく、かつて不登校児だった頃の自分に寄り添う日々が続いていましたが

12月になって振り返ってみれば、今年はそれも少し落ち着き、再びまた「不登校だった自分」のことをあまり考えない日々の方が多かったように思えます。

 

あの時のおかげで今があることはもちろん確かなことなのですが、

 

日々はめくるめく移り変わっていくため、

 

今には今のするべきことがあり、

 

それに集中しようとしていると、自然と過去を掘り返して何か考える時間は少なくなるようです。

 

 

過去を振り返ることも、時にはとても大事なことだけれど。

 

人生が続いていくのはその過去の時点からではなく、もちろん今この時からで。

 

 

例えばその「今」が、条件的に厳しく思えて、

未来への展望が描けないとして。

 

私にとっては、不登校初期の頃にそうだったように、

先が真っ暗闇に見えて、もうどこに行くこともできないように感じても。

 

 

それでも、その今に真剣になって探せば。

目の前にきっと、できることが何かがある。

 

追い詰められたから、それができる、ということもあるし、

暗闇はそういう意味では、本当は敵ではないのかもしれない。

 

 

 

もうできることが部屋の窓ガラスをふくことだけだったとしても、

手に届く範囲のガラスを必死で磨いているうちに、

その向こうに見える景色も変わってきて。

 

景色が変われば自ずと、その次のステージが目の前に広がっている。

 

 

人生でする大事なことは

どこか遠くへ行くことではなくて、

その目の前の景色を、自ら変えていこうとする意志を持つことなんだろう。

 

 

ある時点でそう思えたことが、

大きく私を変えたようにも思えるし

それまでずっと漠然と抱いてきた

 

「みんなから大きく遅れて、もう追いつけない」

 

という不安に

はっきりとした終止符を打ってくれたように感じています。

 

 

意識ある人であるかぎり。

 

そのチャンスは何度となく巡ってくる。

 

 

 

互いにエールをおくりあって、

それぞれの新しい景色に出会っていけますように。

 

 

 

 

今年も残すところあとわずか…という声が聞こえていますが、

今年はこれから華道壮風会の展覧会という大きな行事が残っているため

なんだかまだ全く終わりじゃない感でいっぱいです。

 

下に詳細を書きました。

 

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

みなさんどうぞそれぞれに、

素敵な冬の日々をお過ごしください。

 

 

   末富 晶

Sho SUETOMI

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

12月21日(土)~24(火)

11:00~18:00(最終日 16:00まで)

 

神戸・三宮「ギャラリー島田」にて開催される

「華道壮風会<現代生け花・美術展>」に私も作品を出展させていただきます。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

 

f:id:seikuudayori:20191214201513j:plain

 

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

不登校でも大丈夫」岩波ジュニア新書 発売中です

小学校3年生から学校に行かなくなり、そのまま大人になった一人の人として、
不登校児だった頃の体験や出会いや考えていたことを振り返りながら、
今現在につながる道筋を綴っています。

 

www.iwanami.co.jp

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

末富晶のホームページ<晴空便り>

メッセージ・お問い合わせはこちらのメールフォームよりお送りください。

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

 

 

 

 

秋も深まり

f:id:seikuudayori:20191122070041j:plain

<生け花 ・トサミズキ・ユリ・ルスカス・ 末富晶>

 

 

季節はあっという間に移り変わり。

 

またまた、前回の晴空便りからだいぶ間が空いてしまいました。

 

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

私はといえば最近、久しぶりに…いや、ほとんど人生初くらいに、あっちやこっちへくるくる毎日動き回る日々を過ごしていて、

 

大変かと言われれば大変と言えば大変なのだけど

それを上回る楽しさと面白さの中に暮らしている感じがしています。

 

 

ほんの少し前には、想像もできない状態にあって。

 

きっとそれは、たくさんの人も同じようにそうなのだと思うのですが。

 

「自分ってこういう人間」

 

と決めてかかっていた自分の枠を、ある日とつぜんのように、自分自身が、軽々と超えてみせることがあって。

 

今の私の状態で言うと、

私はもうずっと長い間、自分という人は

「ゆっくり」「のんびり」「ぼちぼち」

というリズムを何よりも好んでいるはずと思っていて。

 

だから今のように、ほとんど毎日別の予定があって、どこか違う場所に移動しているような状態は

自分にはとても耐えきれないだろうと考えていたのですが。

 

いざそうなってみると

 

あれ、案外できるものだな。

なんなら楽しいな。

 

と感じていて。

 

今まで思っていたよりも、もう少し大きな自分に出会ったような、

こんなことも出来るのだなー

という嬉しさを味わいつつ動いています。

 

もちろんこれがこの先もずっとずっと続いていくわけではなくて、

きっとまた「ゆっくり」も戻ってきたりして。

そうして色んなリズムのステップを踏みながら、

その時ごとに出来ることをして。

あらゆる目の前のものを感じて、生きていけたらいい。

 

年末が近づきつつある中、

そんな風に、来年の展望に胸をあたためています。

 

 

赤や黄色に色づく木々が、本当に美しい季節。

 

みなさまどうぞそれぞれに、深まる秋を素敵にお過ごしください。

 

 

 

 
 末富晶 -Sho SUETOMI-

 



著書「不登校でも大丈夫」(岩波ジュニア新書)発売中です 

www.iwanami.co.jp

 

 

 

メッセージ・お問い合わせはこちらのホームページよりお送りください

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

 

 

「不登校でも大丈夫」出版から一年となりました

 

 

f:id:seikuudayori:20190829224354j:plain

 

 

この8月で、「不登校でも大丈夫」の出版から一年が経ちました。

 

 

この一年の間に、たくさんの人に手にとっていただき、読んでいただいたこと

とてもとても嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

みなさま、本当にありがとうございます。

 

 

もう一年、とも言えるけれど、

実際には多分、まだ、ほんの一年。

 

水面に投げ込まれた一つの小石が、どこまでもその波紋を広げていくように。

 

不登校でも大丈夫」という一冊の本は、

きっとこれからずっと先までも

私にとって大切な出会いや経験をもたらしてくれるだろうと感じています。

 

そんな未来を楽しみに待ちながら、

今はひとまずの一年の区切り。

 

なんだか夏になって二回目の年明けを迎えたような、

不思議な気持ちで過ごした8月となりました。

 

 

色々なものの告知が遅れてしまいましたが、

また9月より新たな気持ちで色々と動いていきたいと思います。

 

まずは、9月最初の月曜日、

9月2日の、

京都、安楽寺さん「くさの地蔵縁日」に本とお花を持って出店させていただきます。

 

前回と同じように生け花体験もしていただけるよう準備していこうと思っていますが

ただお話したいな、なんとなく行ってみたいな

というだけでも

お時間ご都合、その他もろもろタイミングがよろしければ

ぜひお越しください。

 

 

みなさんとお会いできること、心から楽しみにしています。

 

<詳細>
安楽寺のHP
http://anrakuji-kyoto.com/

くさの地蔵縁日のFB
https://www.facebook.com/anrakujizou/?ref=bookmarks

☆日時 9月2日(月曜日)
    10時 開門   16時 閉門
☆入山料 500円
*15歳未満の方は無料です。

 

 

 

 

 末富晶 -Sho SUETOMI-

 

著書「不登校でも大丈夫」(岩波ジュニア新書)発売中です

www.iwanami.co.jp

 

 

 

メッセージ・お問い合わせはこちらのホームページよりお送りください

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

 

 

パターンを越えて

 

f:id:seikuudayori:20190807092303j:plain

<生け花 ”ヘリコニア・アレカヤシ・レモンリーフ” 末富晶>

 

 

 

暑い暑い夏が、まためぐってきました。

 

 

 

冬の間、夏のことを思う時、

暖かく暖かくととのえようという気持ちのまま、

 

青空の中の真っ白な入道雲とか、

 

セミの声とか、

 

麦わら帽子の匂いなど

 

実感をもって思い出すことは少しだけ難しく、

 

 

本当にまた暑い日がやってくるのかなぁ…

 

とまで思うこともあるのだけど、

 

なんのなんの。

 

こうして本当に夏がやってくると、

そうだったわ、こんな感じだったわ、

と、今までの人生の中で体験したすべての夏がよみがえってくるようです。

 

 

 

ひとつ前の晴空便りに書いたように、

少し調子のすぐれない日が続いていた6月が過ぎ。

 

そのじりじりと進みのおそかった時間を取り戻すかのように、

 

7月の、特に後半は、

これまでになかったほど、たくさんの人と会って会って会って、話して話して話した日の積み重ねとなりました。

 

その7月のしめくくりとなった末の日も、

想定内の出会いから想定外の出会いまで、

たくさんの初めて会う方とお話できた日だったし…

 

 

古くからの友人も、

久しぶりに会う人もそうでもない人も、

初めて出会ったのに初めてのようには感じない人たちも。

 

みんなみんな、

その一人ひとりと向き合う時間がどんなにか素晴らしく。

 

8月前半はその一つ一つを思い起こし、ゆっくり浸る日々を過ごしています。

 

 

カフェの席で向き合う時、

前にいる人の姿によって、

私の中の、引き出される部分が変わってくるのを、いつも感じるのですが。

 

 

たとえば古くからの、

ずっと昔のお互いのことも知っている、ごくたまに会う友人なら。

 

 

その人の開いてくれる自分、

私の中の「その人がノックしてくれる個所」みたいなものが特別な扉のようにあって。

 

たまに会って、

それぞれの中のその部分を思い出すことを

お互いに、大切なことだと感じているのだという気がします。

 

 

日常を過ごしていると、

毎日やっていること、考えていることが

知らないうちにパターン化されやすくなって。

 

自分でも気づかないうちに、そのパターンから出られないような気がして苦しむことがあるけれど。

 

たまたま今、そのパターンを過ごしているだけで

本当は思っているよりももっともっと広い場所にいるのだと。

 

その時折の外からのノックが、知らせてくれる。

 

 

知恵とか賢さというのは、

自分が今どのパターンを過ごしているかを知り、

その囚われから出ようと試みる

強い意志のことを言うのかもしれないなぁ

 

なんてことを、思ったりします。

 

 

 

変わらない部分と変わっていく部分、その両方を自分の内に自覚的に持っている。

 

7月後半は、そんな人たちの姿をたくさん見せてもらって。

 

 

この交流を受けてさて、どんなこれからとなっていくでしょうか。

  

 

 

暑い暑い日がしばらく続きますね。

みなさまどうぞ、素敵な夏をお過ごしください。

 

 

 

 末富晶 -Sho SUETOMI-

著書「不登校でも大丈夫」(岩波ジュニア新書)発売中です

www.iwanami.co.jp

 

 

 

メッセージ・お問い合わせはこちらのホームページよりお送りください

seikuudayori.wixsite.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくぶりの、晴空便り

f:id:seikuudayori:20190630213804j:plain

 <生け花 ”エルムレス・アレカヤシ・アセビ” 末富晶>

 

 

雨のしとしと、降る日が続きます。

 

 

前回の晴空便りから数えて、早くも一か月以上の時が経ちました。

 

その間にちょっと調子をくずして家にいる日も何日かあったのですが、

動けない日々の中では、

雨の音はことさら響いて聞こえる気がします。

 

 

世界はバランスで成り立っているから、

 

動く日があれば、

動かない日もあり。

 

それは至極、当たり前のことなのだけど。

 

一日中家にいたり、

例えば風邪をひいて布団から出れなかったりしたら

 

なんとなく、ただ無為な一日を過ごしてしまったような。

もっといろいろ出来たはずなのに、と思うような気持ちにもなってしまう。

 

 

木が上へ上へと伸びるためには、

根を下へ下へと張る準備が必要で。

 

その二つは、実は二つで一つなのだと。

 

これまでの体験で十二分に教えてもらっているはずだけど。

 

まだどこかで、

「動く」ことは良いことで、

「動けない」ことはあまりよくない…というような価値観も残っているようです。

 

 

冬の、雪で覆われた真っ白の景色の中に、

 

春の花のいろどりや、

 

夏の緑や蝉の声、

 

望めば秋の月も思い起こせるように。

 

目の前の風景の中に、およそ思いつくかぎりのどんな光景も重ねることができる私たちだから。

 

静かに過ごす日々の中に、

動き、育つものの密かな息吹もきっと感じられる。

 

 

雨の激しい日は家にいて、

「静」の中の「動」を、感じ取れたらいいなと。

 

 

そんな風に思いながら、

 窓の外を眺めています。

 

 

 

梅雨があければ、夏はもうすぐそこですね。

 

 

 

みなさんどうぞ、

よい日々をお過ごしください。

 

 

 

 末富晶 -Sho SUETOMI-

 

 

 


著書「不登校でも大丈夫」(岩波ジュニア新書)発売中です

www.iwanami.co.jp

 

 

 

メッセージ・お問い合わせはこちらのホームページよりお送りください

seikuudayori.wixsite.com